忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[519] [520] [521] [522] [523] [524] [525] [526] [527] [528] [529]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区歌舞伎町2-4

 島崎藤村旧居跡
 詩人・小説家の島崎藤村(1872~1943)は、馬籠(長野県)の生まれ。本名を春樹といった。明治学院を卒業後、明治26年(1893)『文学界』の創刊に参加。明治30年(1897)の『若葉集』にはじまる四詩集で詩人としての地位を確立した。
 明治38年(1905)4月29日、小諸義塾を退職した当村は家族とともに上京し、翌明治39年(1906)10月2日に浅草区新片町に転居するまでここに住んだ。ここは当時、東京府南豊島郡西大久保405番地にあたり、植木職坂本定吉の貸家に入居したのであった。(実際の場所はこの説明板の西側に建つ「ノア新宿ビル」のところ)。
 この頃から小説に転向した藤村は、ここで長篇社会小説『破戒』を完成し、作家として名声を不動のもんとした。
 しかし一方で、転居早々三女を亡くし、続いて次女・長女も病死するなど、藤村にとっては辛い日々をおくった場所でもあった。
 平成15年(2003)3月 新宿区教育委員会

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性