忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区荒木町10

 金丸稲荷神社
 この金丸稲荷神社は御祭神に宇迦能御魂大神を奉斎しこの町の守護神として尊崇され今日に至る
 天和3年西暦1683年美濃国高須藩主松平摂津守この地一帯を拝領上屋敷とされし折り藩主の守護神として金丸稲荷社を建立奉斎せられしよりと云う この地を俗称津の守と云うは松平摂津守の上屋敷跡なるに起因する
 明治5年(1872)7月の政令によりこの荒木町が誕生し町の発展は勿論津の守三業地も次第に繁栄し気品高き芸妓と三業の名と共に金丸稲荷大神は荒木町民の暮しの中に鎮座せられ爾来百有余年を経るに至る
 大神は和合 繁栄 財宝 出世 安全 又 火伏せ の神として崇められ古くは度重なる江戸の大火にも尚大正12年(1923)の関東大震災にもその災禍を免がれたりと伝える
 昭和20年(1945)5月24日の東京大空襲に際しては惜しくも全町が焦土と化し去ったが町民には一人の死者もなかった事はこれ偏えに大神の霊験あらたかなる事と推察される
 昭和27年(1952)11月に現在位置の隣接場所に遷座奉斎し来たるも昭和50年(1975)4月吉日敷地整備のため神社は町内有志及び三業組合又崇敬者の寄進によって再び遷座再興されたものである
 御社殿の奉建に当り茲に無事息災を念じ朝夕に御社を迎ぎ神を敬う心を通じて町内の安穏にして幸福なる生活を築き町の繁栄を計り茲にこの輝かしい偉業を後世に伝うるものである
 昭和50年(1975)3月25日之建
金丸稲荷神社 荒木町々会長 佐藤政義
   同副会長 三浦小三郎 同原■吉
建設委員 四谷三業組合町 大久保義雄 
   同副会長 丸山キクノ
  須賀神社宮司 尾方伸輔 奉斎  石斧号 山下孝次郎刻








PR


所在地 新宿区荒木町10

 津の守弁財天 策の池むちのいけ



 江戸時代の古書「紫の一本」によれば徳川家康がタカ狩りの時近くにあった井戸水で策を洗ったので策の井戸と呼び澄んだこの水が高さ4メートルに及ぶ滝となりこの池に注いでいたので策の池と呼ばれ「十二社の滝」「目黒不動の滝」「王子の名主の滝」等と並び江戸八井のひとつとして庶民に愛されていました
天和3年(1683)美濃国高須藩々主松平摂津の守がこの付近を拝領し上屋敷としましたので庶民から遠のきましたが約190年後の明治5年(1872)時の政府による廃藩置県の発令でこの池が開放され明治7年(1874)荒木町として住民の町となりました 人々は藩主の名を慕い「津の守」と呼び今なお愛称されています 現在では湧き水は減って池も埋まりこの滝つぼ跡に昔の語り草をわずかに残しています
古来池のほとりにあった弁天祠を昭和31年(1956)崇敬者によって現在地に遷座再建し「津之守弁財天」の御神明で町民の守り神としてお祭りし御加護を受けています
 平成17年(2005)乙酉卯月 荒木町々会 解脱会

 


所在地 新宿区荒木町・四谷3

  車力門通り
江戸時代、荒木町が松平摂津守の屋敷だった頃、「車力門横町」と呼ばれ、物資が屋敷へ荷車で持ち込まれていた。



 


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性