忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




所在地 新宿区住吉町3

  飯塚正兵衛翁夫妻胸像
 大魂塔主旨
「丸正」創業者「飯塚正兵衛」は飯塚善次郎とりの五男として埼玉県北足立郡鴻巣町大字生出塚町(旧地名)に生れた。「正兵衛」23才の年、大正8年(1919)12月24日「青雲の志」を立て上京、四谷鮫ヶ橋にて引売八百屋を営む、大正10年(1921)5月25日牛込区市ヶ谷谷町百番地(旧地名)当地に妻「かね」を迎え、同時に八百屋商「武蔵屋」を開業した、創業以来58年その努力は実り、「正兵衛翁」80才にして「丸正チェーン店」は100店舗にまで発展した。「丸正」の発展に尽力した「物故者」の霊を慰め、「青果物」の供養と共に「翁」の創業の精魂を後世に伝えるために、ここ「丸正創業之地」に「大魂塔(大根塔)」を建立する。
 昭和53年(1978)5月25日

 建立者 丸正2代目 飯塚正司 
 建立実行委員
委員長 飯塚春男 
副委員長 長田幸雄
委員 小室実
委員 飯塚正司
委員 遠藤一之
委員 飯塚傳
委員 福田盛明
 物故者
中澤みわ 飯塚善作 飯塚登美 飯塚三平 飯塚留吉 飯塚きよ 飯塚かね 長田文代 鈴木清 飯塚すみ子 遠藤美佐子 中澤義夫 石川勝三郎 石川ふゆ 井上あき 鈴木久蔵 山埼義雄 伊藤宗盛 井上義晴 小室小四 大熊しげ 小倉正吾 福永清子 斉藤よし枝 伊藤正次 指田末之助 関岩夫 小宮実 岩淵司 矢部博一
 丸正会
飯塚正兵衛 飯塚すい 飯塚春男 長田幸雄 小林繁 飯塚正司 中澤光男 中澤重信 小室実 飯塚隆二 飯塚利勝 石川光春 飯塚一雄 飯塚実 鈴木長蔵 大熊一毅 峰岸吉五郎 木村重治 遠藤一之 勝又宗作 片岡吉伊 清水悠紀男 飯塚忠治 高倉和三 島田平吉 中正雄 田島三郎 緑川芳男 根本貢佑 窪田吉男 佐野雅雄 長田栄枝 小櫃登利 須藤勇 坂本多一 清水副次 松井正一 中島完治 湯山誠一 小山岱助 松村正 加藤正義 山崎清和 飯塚家記 伊藤亘 斉藤勲 田沼定雄 高橋正 岩月吉男 関有 武田克男 矢崎忠雄 飯塚五郎 福永幾弥 佐藤敏雄 星紀夫 内田正次 村上義勝 坂本友治 島野英行 今井利夫 庄司国之 古島信行 春木喜夫 染谷正五 菊池美智夫 窪田和男 柳川正平 柳田英雄 長田米蔵 矢部博晴 海老沢真 長田正幸 古牧正三 鈴木衛市 飯塚正男 保谷安茂 宮沢敬 綿貫英男 成島勇 鈴木時雄 熊田詔八 真道清幸 保谷保喜 長田藤雄 宮原藤夫 根岸米作 菊池将 手島進 林初夫 鯨井義一 河野安夫 伊倉常幸 梁瀬倉松 永井昌治 田尻勇 沢野靖 高橋宏 菊池孝雄 佐々木一三 下村正 野原秀夫 小野口秀雄 吉沢昭 栗原忠雄 山口光男 須藤正 山田政夫 雨沢正 伊藤洋司 山口清 木次悦治 星川今朝松 板野和吉 野口淳三 石川栄一 秋山政雄
 正進会
長田栄枝 飯塚正司 飯塚実 清水悠紀男 勝又宗作 岩月吉男 飯塚忠治 湯山誠一 保谷安茂 梁瀬倉松 津田吉男 福永幾弥 坂本多一 松井正一 須藤勇 坂本友治 菊池美智男 遠藤一之 高倉和三
 正和会
飯塚正司 小室誠一郎 長田耕一 鈴木久志 長田正幸 飯塚隆雄 鈴木衛市 中澤光男 飯塚正男 大熊勝 今井利夫 佐藤守一 長田和久 中一男 飯塚勇 小松頼明 中澤信行 小林正市 長田幸造 中光雄 小室保治 石川正春 島田謙司 清水正幸 飯塚司郎  飯塚善司 遠藤一美 飯塚雄二 長田茂
施主  丸正食品株式会社
協賛  丸正会 丸正チェーン商事 丸正商事
計画  彫刻家 津上昌平
設計  像制作 津上尚也
施工  ㈱明治石材商会 
 昭和53年(1978)正月















PR


所在地 新宿区住吉町10-10

浄土宗
 清光山 安養寺



 

 安養寺前には『安養寺坂』があります。


所在地 新宿区住吉町

 安養寺坂あんようじざか
 



 『新撰東京名所図会』に「安養寺坂は念仏坂の少しく北の方を西に大久保余丁町に上る坂路をいふ。傍に安養寺あるに因れる。」とある。安養寺は浄土宗知恩院末の寺院で、もと市谷左内町富士見坂のあたりにあった。そこが明暦2年(1656)、尾張藩上屋敷となるため現在地に移ったという。
 平成17年(2005)2月 新宿区教育委員会


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性