忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区新宿5-17-3 (花園神社)

新宿区指定有形文化財(彫刻)
花園神社の唐獅子像
     昭和59年(1984)11月5日指定

 文政4年(1821)に造立された雌雄一対の銅製の唐獅子像である。
 内藤新宿の氏子たちにより寄進されたもので、台座の銅板には発願者等の名が刻まれている。
 像高75センチ、台座は高さ137センチ、幅119センチで、江戸末期の鋳工としてい名高い初代村田整珉の作である。



 花園神社は慶安元年(1648)尾張公の別邸内に創建された。別邸内に花園があったところから花園神社と呼ばれ、内藤新宿の鎮守として信仰された。 
  平成3年(1991)1月 新宿区教育委員会

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性