忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区西新宿2-11-2 (十二社熊野神社)

新宿区指定有形文化財(工芸品)
 大田南畝の水鉢おおたなんぽのみずばち
     昭和59年(1984)11月2日指定

 文政3年(1820)3月に奉納された水鉢で、江戸時代後期の狂歌師大田南畝(蜀山人)(1749~1823)の書による銘文が刻まれています。
 外部は幅150cm、高さ60cm、奥行64cm。内部の鉢の部分は幅126cm、深さ23cm、奥行40cmあります。



 銘文は次のとおりです。
 正面
熊野三山
十二叢祠
洋洋神徳
監於斯池
 大田覃
  印 印

 右側面
「文政三年庚申」暮春

 左側面
奉納 淀橋

  新宿区
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性