忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[572] [573] [574] [575] [576] [577] [578] [579] [580] [581] [582]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区高田馬場3-29-11

 馬頭観音
 当馬頭観音は江戸時代の昔からこの地に在りました。当時は、農業が主で馬の使用が多く、また馬場では競馬が盛んに行われた関係で馬が死没した時は、現在の地に埋葬・供養をしたと謂う言い伝えがありましたが、その碑は戦災に遭い、戸塚村と刻んだ石のみが残っていました。そこで、宗教法人「解脱会」及び地元の方々の御協力を得て、現在の碑を昭和36年(1961)4月に再建し毎月17日を供養日と定め、通園・通学の児童達の交通安全と事故防止の祈願を込めて、この土地の御供養を致し今日に至って居ります。
 平成11年(1999)3月 同志 世話人一同








PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性