忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 新宿区舟町13 (西迎寺)

新宿区指定有形文化財(彫刻)
 西迎寺の阿弥陀如来座像
     昭和59年(1984)7月6日指定



 元禄7年(1694)旗本伏見勘七郎為智が父の供養のために、当時名鋳物師といわれた椎名伊予守良寛に製作させたものである。
 青銅製で、像高237センチ、台座高135センチ、両手の親指と人差指で環をつくり膝の上で合せた「定印」を結んでいる。
 区内の鋳造による阿弥陀如来座像としては規模が最も大きく、造立者や製作者が判明している点からも史料的価値が高い。
 平成3年(1991)11月 東京都新宿区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性