忍者ブログ
東京都新宿区の歴史
[491] [492] [493] [494] [495] [496] [497] [498] [499] [500] [501]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地
 【箱根山地区】 新宿区戸山2・3
 【大久保地区】 新宿区大久保3



 東京都立 戸山公園

 〔尾張藩徳川家下屋敷跡(戸山荘跡)・陸軍戸山学校跡

  箱根山地区の歴史
 この地区は、その昔源頼朝の武将和田左衛門尉義盛の領地で、和田村と外山村の両村に属していたことから「和田外山」と呼ばれていた。
 寛文8年(1668)に至り尾州徳川家(尾張藩)の下屋敷なり、その総面積は約13万6千余坪(約44万8千8百余m)に及び、「戸山荘」と呼ばれるようになった。
 この「戸山荘」は、寛文9年(1669)に工事を始め、天和(1681~1683)・貞享(1684~1687)の時代を経て元禄年間(1688~1703)に完成した廻遊式築山泉水庭である。
 庭園の南端には余慶堂と称する「御殿」を配し、敷地のほぼ中央に大泉水を掘り琥珀橋と呼ばれる木橋を渡し、ところどころに築山・渓谷・田畑などを設け、社祠堂塔・茶屋なども配した25の景勝地が造られていた。
 なかでも小田原宿の景色を模した「町並み」は、あたかも東海道五十三次を思わせる、他に類のない景観を呈していたと伝えられている。
 その後、一時荒廃したが、寛政年間(1789~1800)の初め第11代将軍家斉の来遊を契機に復旧された。その眺めは、将軍をして「すべて天下の園池は、まさにこの荘を以て第一とすべし」と折り紙を付けしめたほどであった。
 安政年間(1854~1859)に入り再び災害にあい、その姿を失い復旧されることなく明治維新(1868)を迎えた。
 明治7年(1874)からは陸軍戸山学校用地とない、第二次大戦後は国有地をなりその一部が昭和29年(1954)から今日の公園となった。
 陸軍用地の頃から誰からともなく、この園地の築山(玉円峰)を「函根山」・「箱根山」と呼ぶようになり、この山だけが当時を偲ぶ唯一のものとなっている。
 平成2年(1990)3月公園整備を記念して   東京都



 戸山公園には『箱根山』、『陸軍戸山学校跡記念碑』、『戸山教会』があります。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
町名
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性